園の特徴

 

幼児期は、集団生活によるさまざまな体験を通して 積極性や自主性を修得すると同時に、 集団におけるルールやマナーを身につける時期です。 与えられたものをただ記憶したり、答えをみつけるための学習ではなく、 「遊び」を通して多くを学ぶことが、小学校以降の学習とは大きく異なるところです。 子どもが新しい環境に自ら積極的に関わって興味や関心を広げ、 発見することの喜びや驚きを感じることが、学びの基礎となります。 私たちは、これこそが「生きるちから」となる学びであると考えています。 また、幼稚園という集団で遊びを通して「生きるちから」を学ぶためには、 協力することの大切さや他者の心情を感じ取ったり、 お互いの心情をぶつけ合ったりすることで得られる共感性が必要です。 こうした協力することの大切さや共感性を 「思いやりのこころ」という言葉に集約しています。

本園の大きな特色は、幼稚園教諭を養成する保育学科を有する 大阪芸術大学の附属幼稚園であるということです。大学の施設や 設備、人材を最大限に活用し、芸術分野や幼児教育の専門家であ る大学教授と常に連携を取りながら質の高い保育を行っています。 たとえば、芸大教員による音楽指導を日常保育で行い、お遊戯会 や4 園合同音楽会という発表会も開催。陶芸専門教員が指導する 「作陶体験」など、年齢に応じた段階的な保育プログラムを展開し ています。 このような大学との連携、そして4 つの附属幼稚園同士の交流と 連携を通して教育の質を高め、独自の保育を実施。学校法人の全 面的なサポートを受けて運営しているため、一園だけでは提供で きないような充実した保育内容を実現することができています。 また、送り迎えの幼稚園としての特性を活かしたきめ細やかな保 育も本園の魅力のひとつ。保護者の方々と毎日対面して言葉を交 わし、すべての教員が担任を超えて全園児を把握し、園児一人ひ とりを深く理解できるように心がけています。

 

泉北幼稚園は、大きな公園が近くにある自然豊かな立地環境。ピクニック気分を味わったり、秋にはどんぐり拾いをしたりして、四季の変化を体いっぱいに感じることができます。また園内には畑があり、季節の野菜や米、果物を栽培。自分たちで育てて収穫し、料理していただく、食育活動にも力を注いでいます。さらに課外活動として、芸大教員や学生が指導する「キッズアートガーデン」での音楽体験も実施しています。 附属幼稚園すべてに共通していますが、年齢を超えた園児同士の交流が盛んなのも本園の特色。がんばっている友達を応援したり、困っている友達を助けてあげたりする場面は、園内でよく見られる光景です。大阪芸術大学のバックアップを受けた質の高いプログラムで、園児がのびのびと健やかに成長できる保育を行っています。
  • 附属4園合同音楽会
  • 柔道(年長組)
  • お茶のおけいこ(年長組)
  • 英語活動
  • スイミング(年中・年長組)
  • 作陶(年長組・卒園記念)
  • 子どもクッキング(全園児)
  • 体育指導
  • 音楽指導